無職でも審査には通るけど

無職でも審査とおる?

 

イオンカードの審査通過には年収○○○万円以上です。という明確な基準はありません。
これはイオンにかぎらず他のクレカでも同じことですね。

 

なので、結論言うと、年収はにはこだわらなくてよいということが言えます。
なぜなら、「無職」でも審査に通過する人もいるからです。

 

専業主婦の方は、年収0円でも、配偶者の方の年収(世帯収入)で審査を通過することができます。
なので世帯主に一定の収入があればOKという話になります。

 

ただし、「無収入」(世帯)では、やはり厳しいのが現実ですね。
自営業をやっていて、収入はあるけど経費を差し引いたら給料はゼロというなら話が別ですが、家計に全く収入が入ってこないというのは、審査対象外になります。

 

 

通過の目安は年収100万円台から
「年収はこだわらなくていい」では回答になってないので、過去に審査を通った人の体験談を元に目安を書いておきます。

 

年齢も若く、アルバイトやフリーターの方は、年収100〜200万円の収入があれば通る方もいます。
ただし、これはキャッシング枠を限りなく小さくした場合です。
イオンカードのキャッシング枠は50万円まで設定できます。

 

年収100万円台ということは、月収が10万円台。10万円の手取りの人が、50万円借りて、月々5万円の返済はかなり難しいですよね。

 

ということは、やはり、100万円台の方は、キャッシング枠は10万円程度、年収200万円台の方でも、20万円程度にしておくのが無難です。

 

年収を偽るのはどこまでOK?

「どこまで?」と書くとそれ自体がOKのように思うかもしれませんが、申込時に自分の情報を偽るのは全面的にNGです。
なので、年収200万円の方が、500万円ですというのは、はっきりルール違反です。
でも、年収380万円を400万円と記入する位は許容範囲だと思います。
それくらいの誤差は記憶していませんからね。
実際年収20万違っていたところで、本人の資力にさほど影響はありません。

 

年収は多い方が審査を通過するだろうと思う方も多いでしょう。
もちろん多いに越したことはありませんが、誠実にウソ偽りなく申込書を記入することが大切です。
間違いがあるとカード発行に時間がかかってしまいます。
あやふやな返答をして、そのまま審査に落ちるということがないようにしたいですね。

 

ショッピング枠は総量規制対象外

ところで「総量規制」という言葉を知っていますか。
債務者への過剰貸し付けを防ぐために、年収の1/3を超える借り入れができないような仕組みのことです。
指定信用情報機関を通じて、この限度を超えないよう審査しています。
また、「総量規制」の対象とならないのは、例えば、不動産購入の貸し付けと自動車担保貸付です。
緊急の医療費の貸し付け等は例外となる場合があるようです。

 

クレジットカードのショッピング枠は、総量規制対象外です。
なので、リボ払い等で、別のカード会社に支払いが残っているという状態でも、キャッシング枠には関係はありません。

 

年収に自信がない方でも、イオンカードは取得しやすい流通系カードだと言われています。
過去に支払いの遅延や延滞がなければ、正確な年収で申し込みをしてみてください。