まずはネットで審査状況をチェック

申し込んだイオンカードが、2週間経ってもまだ届かない。
どうなってるんだろう。
次の海外旅行に持って行きたいのに間に合うかな・・・。

 

など、あんまり遅いと不安になりますよね。

審査が遅い時は?

イオンカードの審査時間は?のページでも触れましたが、申込から、カード発行、到着まで、通常2〜3週間と言われています。
また、審査落ちの場合は、逆に通知が来るのが早く、1週間前後で書面で、通知があります。
なので、連絡がないというのは、逆にうまくことが運んでいるという証拠になりますので、安心してください。

 

ただ、気になる事があるとついつい悪い方へ考えがちです。
そこで、どうしても気がかりだという方は、審査状況の確認をしてみましょう。
申込みの際に、イオンカードからの返信メールで「受付番号」が案内されます。
この番号と生年月日を半角で入力すると、審査状況が確認できます。

 

審査基準は不明確。心配な方は自分の信用履歴をチェック

イオンカードの審査基準は明記されていません。これは、どこのクレジットカード会社もそうです。
早い話、申し込みをしてみないとわからないというのが現状です。
ひとつ、目安になるのは、例えばもう少し審査が厳しいカード、三井住友VISAやアメックスなどの審査に通った経験のある方は、ほぼ心配ないでしょう。
でも、最近カードを作ったことがないという方は、比較の対象がありませんね。

 

クレジットカード会社は「この人がきちんと返済をしてくれるかどうか?」を見極めているのです。
どうやって見極めているかというと、イオンカードの審査部が、あなたのクレジットカードに関する信用情報をチェックしているのです。

 

イオンカードは信用情報機関、海ICと鞄本信用情報機関と全国銀行個人信用情報情報センターに照会と登録を行います。

 

これら3つを見て、あなたが過去に借りたお金の延滞はないか、債務整理した経験はないかなどを見ているのです。

 

もし、審査状況が不安で、過去に延滞や滞納などの心当たりがある方は、そういった情報の履歴が未だに残っているかどうかを、自分で確認するというのもひとつの手段です。

 

情報開示の方法については、下記のページの下のほうで紹介しています。
イオンカード審査に落ちた!審査落ちの理由が知りたい

 

そして、万一信用情報の内容が事実でないことが判明して、審査を通過しなかった場合はイオンクレジットが登録した内容に関しては、イオンクレジットが訂正、削除に応じてもらえます。

 

審査結果は申し込んでみないとわからない

他社借入状況や利用履歴などは、最大の審査項目の一つです。
ここに事故情報(延滞や遅延)が登録されてると審査に通過するのは困難です。

 

ただし、クレカの審査というのはいわゆるブラックボックス。
結果を見てみるまでわからないのです。
実際に、延滞歴があるという人や、年収100万円未満の方が、イオンカードの審査に通過したという評判もあります。
申し込んで結果が来るまで何もわからないのです。

 

「審査される」というのは、あまり気持ちがよいものではありませんね。
支払いが延滞しないよう気を付けて、最短でカードを取得できるようにしたいものですね。